歯磨きで虫歯予防と仕上げ磨きで保護者との愛着形成

未就学のお子さんでも虫歯になるリスクはあります。それにより歯茎の根元に膿が溜まってしまい、永久歯の形成異常や変色に繋がりかねません。永久歯の状態がひどくなれば、通常の歯科治療では間に合わなくなるかもしれません。未就学のお子さんが虫歯になる原因の確認を行い、適切な処置に繋げてください。

乳児の段階では口腔内に虫歯菌はありません。年齢を重ねて離乳食や通常の食事をした段階で、保護者がスプーンや箸で食べさせるはず。時には温度調節のため、食べ物に息を吹きかける場合も。そこで、保護者に虫歯や歯周病があれば、伝染して感染に繋がるリスクが出ます。特に乳臼歯という奥歯の乳歯が生える1歳から3歳までの間は、感染しやすい時期のようです。保護者が虫歯や歯周病ケアすることは欠かせません。

食後や就寝前などでお子さんがブラッシングをしても、一つひとつの歯を丁寧に磨けているとは限りません。奥歯の溝や歯と歯の境目といった所は、大人でも磨き残しの出やすい部分です。保護者が仕上げ磨きを行い、丁寧に汚れ落としをしましょう。歯ブラシでは難しい所なら、フロスの使用もアリ。

お菓子の間食を頻繁にするお子さんも注意が必要です。糖質を摂れば、ミュースタンス菌という虫歯の原因菌が増殖しやすくします。歯のカルシウムやリンを溶かしてしまい、虫歯の症状を出やすくします。おやつの量を減らしたりスナック菓子をやめさせたりするのも有効な方法ですが、決められた時間におやつを摂るのがオススメ。摂取後、可能であればブラッシングをすると更に効果的です。

お子さんの虫歯予防は、保護者の役割が欠かせません。このサイトを通じて確認を進めるのはいかがでしょうか。

未就学のお子さんが虫歯になる原因

お子さんが歯磨きをするのも大事ですが、仕上げ磨きも欠かせません。虫歯予防以外に、保護者との愛着形成をする観点でもプラスの効果を発揮するのが期待できます。ここでは、お子さん向けにオススメなブラッシングの方法や仕上げ磨きの心理的な効果についての確認を進めましょう。